2009/03/31  まだまだあります!花粉症対策

昨日のブログを見た方から、またもや花粉症のお悩み。
鼻のムズムズだけでなく、肌とメイクでも悩んでいるとのことでした。

今年の花粉症はほんっ・・・とうに厳しいらしく、花粉や黄砂で肌が荒れたとか、痒みと赤みが酷くなったとか、肌にも症状がでてお悩みの患者さんが増えています。
街でもマスク姿の人を多く見かけますし、オシャレなマスクも増えています。
それだけ花粉症に悩む人が多いということでしょう。

もちろん、肌が荒れているときは、できればメイクは避けたいもの。
けれど、仕事上なかなかずーっとマスクをしてる訳にもいかない方や、ノーメイクでいられないご事情の方が多いのも事実です。

そんな悩みの方には、とにかく肌にやさしく安全なジェーンのファンデーションをオススメしています。
ベースメイクをいつもよりやさしいものに変えて、少しでも肌の負担を減らしてあげてください。

そして、花粉症だけでなく、肌が敏感になっているときにオススメのコースは、アミノ酸コースです。
トラブルで敏感になってしまった肌を外的刺激から守って、丈夫にしてくれます。
レーザー治療などで肌に負担がかかってしまったときにもオススメしています。
週に1回のペースでおよそ1ヶ月ほど続ければ、肌が落ち着いてくることを実感していただけるはず。

辛い花粉症ですが、クリニックではトラブルの解決策をいろいろと用意しています!
ひとりでがまんせずに、どんどんご相談ください!

2009/03/30  まだあります!花粉症対策

今年の花粉症はほんっとに厳しいらしく、いまだ1日数人は花粉症でお悩みの患者さんがお見えになります。
そんな患者さんから簡単にできる花粉症のプチ対策を教えていただきました。
それは、メンソレータムのリップクリームを鼻の穴にグリグリ突っ込むこと!?
スッとして鼻のムズムズが幾分和らぐとのことでしたが、なかなかそれは人前ではできそうになく・・・

そこで、この患者さんのアイデアから思いついたのが、アロママスクです。

クリニックのアロマアドバイザーに相談して、花粉症に効くアロマをチョイスしてもらい、ガーゼに染み込ませてマスクの中に・・・
選んだアロマは、ティートゥリー、ユーカリ、ペパーミントの3つです。
患者さんが診察を終わられたときにお渡ししてみたところ、しばらくすると鼻が通った感じがする!と喜んでいただけました。
アロマは種類も多く効果もいろいろ。組み合わせによって、いろいろな悩みに効果を発揮してくれます。
クリニックのメニューにも様々な場面で活躍してくれるアロマ。
実は、ロビーでも香りで癒しを提供してくれています。

香りっていろんな記憶を紐解くきっかけにもなるといわれているし、本当は食べること以上にいろんなエネルギーを提供してくれるのかもしれません。
アロマのパワーに、今後もますます期待大!です。

2009/03/19  ギョーザ決戦?は日曜日

ちょっとココだけのハナシ。
いやソレってどこだけだかよくわかんないけど、そういう感じの。
いや、実はね、先日行った飲み会で、初対面男子に今度ご飯行こうよと誘われました!
・・・が、なぜか二週間後。
まっ二週間先だけどその間にネイルに行ったりプリンちゃんの頭をなんとかしたり、ここんとこの(いつもの)暴飲暴食でたっぷりついたにっくき脂肪達をやっつけたり、新しい洋服を買いに行ったりして万全の体制でその日を迎えようといつになく張り切っていたアラサー女子の私。

いやそんなめちゃタイプ!とか、俄然心揺れてます!とか、アタマの中でドリカムが「うれしい!たのしい!・・・」と唄いだしてるテンション!ではないけれど、でもさ、なんかこうあるじゃないですか。
期待にちょっとこう、胸が膨らむ的なワクワク?いや、ドキドキ?いやまだ、まだというかなんというか、トキメキではない、むしろ緊張に似た感覚。。。


どこにご飯連れてってくれるんだろぉ~♪フレンチかなぁ~♪それともイタリアンかなぁ~♪と、そんな思いで数日を過ごしていたら、にゃんと。。。

「餃子食べに行かへん?」

・・・そうきたか!
アラサー女子としては、思いが巡り巡るわけですよ。
初の食事に餃子!?!?!?
ってことはね、考えられるのは・・・・

①私がカ(大)酒呑みって事を知ってて、ビールに合うから気を遣ってのチョイス
②自分がビール×餃子が好きだから
③餃子食べる→口がニンニク臭→キスできない→キスする気がない=その気がないor口臭フェチ
④なーんも考えてない。
⑤あえて、カジュアルな初回で本気モードを演出!

さぁ、正解は・・・どれ!?
おそらく・・・④。いやまぁ、ソレくらい解ってはいるんだけど。
それでも、この2週間で即席でできる限りの女子力に磨きをかけているワタシ。。。切なくもいじらしいじゃありませんか!

期待と諦めが交錯する、決戦の日曜日はまもなく。
その後の展開?興味を持っていただけるなら、またご報告いたします。

・・・いや、コレ、展開するのか?ワタシ。

2009/03/18  ナムルブームはモナムール

かのアサラー女子の期待の星、山本モナさんのブログは「モナのモナムール」ってタイトルらしい。

いや、あのね、異論反論あるだろうけれど、私はモナちゃん支持派です。
関西ローカルの女子アナが、ハラをくくって転職上京。あそこまで行けば、かなりの出世。
そりゃ既婚者とのアレコレは褒められたことじゃないけれど、それってオトコの側にも責任はあるわけで。
私は同じアラサー未婚女子として、向上心と野心に満ち満ちた彼女を、ある意味尊敬こそすれ、キライにはなれないな。

ちなみに、この「モナムール」とは、フランス語で私の大切なモノという意味らしい。
・・・え?私のモナムール?

・・・。

大切なモノは数々あれど「私のモナムール」って言葉にフィットするモノって、私の生活の周りにはあんまりないなぁ。。。
でも、似たようなモノで恐縮ですが、「ナムルブーム」ならキテますよ。
「私のナムルブーム」。

ちょうど1年前、かなり太めちゃんだった私。ストレスと食生活の乱れでなかなか痩せないのが悩みでした。
ところが、転職前のしばらくの間、実家で過ごしたら、母の作るバランスのとれた手料理のおかげで数キロ減!
それをなんとか維持したいんだけど、手料理には自信がなくて・・・と思っていたら、クリニックの先輩のお宅で、とってもおいしい手料理をいただきました。

アボカドのナムルそのメニューの中でも、とっても気に入ったのが「アボカドのナムル」。
実はこの他にも、牛スジ炒めや菜の花の胡麻和えに鯛のあら炊きと、季節感満載のご馳走が並んだのですが、私に再現できそうなレベルは、この一品だけ。

でもね、これ以来、すっかり火がついたのが、「私のナムルブーム」。
ほうれん草やニンジンというビビンバのレギュラーメンバーだけでなく、ブロッコリーやトマトや小松菜、インゲンにかぶら、何でもかんでも野菜を茹でてナムルにする「私のナムルブーム」。
茹でるとたくさんの野菜が食べられるし、ナムルに使うごま油でカロチンの吸収もいいと聞けば、ますます「私のナムルブーム」は加速しまくるのです。

で、ふと、気がつくと、なかなかバランスのとれた自炊生活ができてたんです。
おまけに、体調も体重もなんだかいい感じ。

これぞ「私のモナムール」?いえいえ、まさかのオヤジギャク。
これは「私のナムルブーム」・・・だけども、結構モナムール。。。

2009/03/17  サプリの旬 コスメの旬

先日の日記で、サプリにも旬があるってお話しましたが、実は、コスメにも旬があります。

この季節は特に、花粉症や黄砂の影響もあるのか、季節の変わり目でもあり、敏感肌に悩まれる方が多いようです。
実は私も!特に、目元や口元は、乾燥してガサガサするほどで、基礎化粧品も沁みることも。
コスメ担当に相談したところ、敏感肌クリームをすすめられました。
敏感肌クリームって、刺激が少なくて穏やかな分、効果も控えめ?なんて誤解していたのですが、これが私にはビンゴでした。
今までにないくらいしっとりして、つっぱらないしカサつかない!
私と同じようなお悩みの患者さんにも、ぜひオススメしたいと思いました。
しかも、価格もリーズナブル!なので、もっとたくさんの方にお試しいただきたい!!

ちなみに、今が旬のサプリは、脂肪燃焼サプリカロリーカット系サプリ足やせサプリなどの『痩身サプリ』!
薄着の季節が近づく今は、痩身希望のお客様が増える今日この頃です。
内と外からのアプローチで、理想のボディーラインを手に入れましょう。
実は、私も「旬サプリ」ゲット済みです!
スタッフがお客様に商品説明してるのを聞いて、思わず私も購入してしまいました。
事実、トキコ先生も、このサプリを半年くらい続けて痩せて、キレイに磨きかかってます。

継続はチカラなり。

私も今回こそ継続して、春に花を咲かせてみせるわ!

2009/03/16  きれいなママは好きですか

OLだったころ、年度末の3月って怒涛の日々でした。
(・・・遠い目)
月末シメやら年度末やら異動前の引継ぎやらなんやらで、毎日アクセルをフルスロットルにして働いてるのに連日がノーサンキュー残業デー。
おまけに歓送迎会やらが入って、またそのしわ寄せが・・・

仕事が変わって、3月のそんな思い出を忘れかけていたら、ある患者さんのつぶやきが耳に入りました。

「・・・3月って、なんでこんなに忙しいの。。。」

つぶやかれたのは専業主婦の方。
先日から、疲労回復と健康目的のための点滴をご希望で、ご来院いただいています。
その方には、今年小学校に入学されるお子様がいらっしゃるとのこと。
子供との毎日は楽しいけれど、子育ては体力が資本。
主婦業も母親業もカンペキにしようと思うと、無理しすぎるのはいけないと思っていても、ついつい張り切ってしまい、ふと気がつくと疲れがたまってきてしまうのだそうです。
専業主婦ママと聞くと、なんだかゆったり過ごせそうなイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、ママの3月もまた大変忙しい日々だそうな・・・

お聞きすると、卒園イベントの出し物で矢島美容室のダンスを披露するから、週1で練習が・・・とか、お別れ遠足で○年ぶりの山登りに・・・とか、入学式の準備で夜なべして算数セットに名前つけ・・・とか。
なかなか体力勝負でハードなご予定がビッシリ!
お聞きしているだけで、こちらもなんだか疲れてきてしまうほど。
ほんと、母は強し!を実感しました。

その患者さんが、この前の週末、家族でお食事にお出かけになる前に、ちょっと元気を補給にお立ち寄りくださいました。
ママのスカートに隠れて、ちらちらこちらを見ている男の子。
はにかんだ笑顔で、照れくさそうに手を振りエレベーターへ。

私たちが元気を支えているのは、あのママだけど、その向こうでボクもうれしくて・・・
こんな風に一人の元気が支える人のつながりがあると思うと、この仕事をしていて本当によかったと思えます。

元気でキレイなママが好きなのは、みんな一緒。
でも、ママの笑顔が一番うれしいのは、きっとあのボクなんだろうな。

2009/03/13  白い日のハナシ

ちょうど今から一ヶ月前のこの日、私は翌週明けのオトナニキビの心配をしていたワケで。
ええ、もう、過ぎ去ったあの「バレンタインデー」ね。

これまでの友チョコ・自分チョコに、今年は「逆チョコ」なんてのが加わったっていうことを耳にしていたのでー。
ええ、別に期待していたワケではないけれど、一応、オトナニキビの対応策は準備しておいた上で、その「逆チョコ」の可能性も危惧しながら・・・

・・・って!何の対策も不要でした。「逆に」心配ご無用でした。「逆」に対する心配は!
んで結局、自分チョコでニキビできてしもたやないかーいっ!!

でもね、私、明日に控えた「ホワイトデー」に、ひとつ疑問を抱いております。

ま、「友チョコ」は、友へお返しするわけでしょ。
ある意味「季節のご挨拶」的にイベントを楽しむ、オイシイチョコなんかを食べられる日がツキイチで来るという、女子にはなんの文句もナイ、そんなイベントとして、これはOK!としましょ。

でも、「逆チョコ」ってどうなのよぉ。
男性から、ありがたぁーいお気持ちを受け取って、一ヶ月もの「焦らし」インターバルをおいて、今さらお返事なんて、そんなの時代錯誤なイベントじゃね?
そんな、一ヶ月もお返事してなかったら、トンビ(すなわち、他の目ざとい女子)に油揚げ(すなわち、ステキなメンズ)をさらわれてしまうのではないかと、老婆心ながらご心配申し上げたいところ。
(ステキなメンズが「油揚げ」って、それこそどうなの?という苦情はお受けいたしかねます)

ん?そっか、本当はとっくのとうにお返事はしてるけど、実のところ、もう今やふたりにすっかりラブリーな関係はできあがっちゃってるけど、その上で「あー、一ヶ月前のこの日に告ってくれたのよね♡」なんて、二人で愛の歴史を回顧する記念日的イベントってこと?
なら、それは付き合った記念日イベントにすればよくて、なにも国民あげてのホワイトデーなんかにしなくていいんじゃね?
いや、いまさら、バレンタインデーだから、あえて男性が女性に告白するってこと自体が、もはや時代錯誤なんじゃないの?

・・・え?ヒガミ?
いやそんな、まさか。まさか。
日本の経済状況やら、エコな問題なんかを併せて考えただけのこと。
老婆心ながら・・・って、この「老婆心」ってなんなのよ!
自分で書いてて、だんだん憤ってきた!なんで「老爺心」って言わないんだよ。

・・・ちぇ。

え?それなら、「自分チョコ」こそ、ホワイトデーはいらなんじゃないかって?
ナニいっちゃってんのぉ!
そこは必要!
かなり必須!
二月は逃げるように早く過ぎ去り、三月は去る。気がつけば年度末の嵐。
春はお別れの季節です。みんな旅立ってゆくんです。
そんな切ない季節には、ほんの少しの甘みがないとやってられないのがアラサー女子。
さみしいのはオクチの中だけじゃないんだゼ。
いや、口寂しいのは常だけど。
自分で自分にお返しするのがさみしいなんて、言っちゃダメ。
自分ご褒美という、便利な言葉でラッピングして、この週末、またオトナニキビの爆弾を抱える私。

え?また、チョコかって?
ブッブー!!チョコをチョイスするなんて、そんな時代錯誤じゃねぇんだゼ。
そいつは、白い・・・


・・・白い恋人


って、この私が、なんで一人さみしく、あえて「恋人」というキーワードを選ぶというのか。

そう!白いと言えば?白いアレ!

・・・白い馬にのった王子様!?


・・・ああ、もうそんな馬を待つような夢見る少女じゃいられない私。
そんな私が、ホワイトデーだけに狙ってる、今年の「白い」アレは・・・ご存知かしら?白いタイヤキ。
ウチの近所にできた「白いタイヤキ」のお店。
いつも、仕事帰りに立ち寄ると営業時間が終了している「白いタイヤキ」。

この週末は、ガッツリいってやるんだぜ。
待ってろ!白いタイヤキ。

そして、「待ってろ!」とおっしゃるのなら、私いつまでも待ってるわ♡
白い馬の上のだれかさん・・・。


・・・・・あー。なんかクチサミシ。
だれか、アメチャン持ってない?

2009/03/12  一番うれしいのはダレ?!

ブライダルエステでお越しのお客様のお話です。

挙式のご予定は3月。ニキビ改善・美肌目的で、昨年の11月から頑張って通って下さっています。
当初、「自分では何もわからないので.....」とほとんどおまかせ状態だったのですが、この1ヶ月、なんだかグングンとキレイに磨きがかかっています。
やっぱり、結婚前の女性特有のキラメキというか、幸せオーラなんでしょうか?とお聞きすると、意外なお返事が返ってきました。

『クリニックでみなさんがいろんな施術を一生懸命して下さって、私にもいろんなことを教えて下さるから、なんだか自分でもしっかりキレイになるために頑張らないとと思って、なんとなく普段の意識が変わってきました。
もっと、自分のキレイに自分でも積極的にならないとって。』

ご自身の中のキレイになりたいという意識が変わったことが、このキラメキのヒミツなんですね。
だけど、なによりもお客様自身がどんどんキレイになってくださることが嬉しい私たちスタッフにとっては、クリニックにお越しいただけたことがきっかけで、そんな風に言って下さることに感激してしまいました。
そして、その方のウェディングドレス姿が、もっともっと輝くべく、あと少しの時間ではありますが、私たちにできる限りのことをさせていただきたいと思ったのです。

なんかね、その方のウェディングドレス姿を想像すると、もう泣けてくるッスよ。。。
もう、そのキラめいた姿が眩しいんッスよ。。。
お幸せに!とか、おめでとうございます!とか、そんな気持ちが今からこみ上げてきて。
なんなんでしょう?歳のせいで涙腺ゆるくなッタンスかね?

でも、そのくらいキレイなお姿の晴れの日を、私、とっても楽しみにしています。
そして、その方のキレイに微力ながらもお手伝いできるこの仕事についたことの、幸せを噛み締めています。
人生最良の日なんていうけれど、もっと最良の日はご結婚されてからもいーっぱいあると確信しているけれど、でも、その方のいわゆる「人生最良の日」は、私にとってもとっても嬉しい日であることに間違いはないのです。

本当におめでとうございます。
そして、ありがとうございます。
どうかこの喜びの日を忘れずに、末永くお幸せに。
私も、この喜びを忘れずに、このお仕事していこうと思います。

2009/03/11  キレイの故郷

ここ最近、患者さんから、進学や転勤引越しのご予定ができ、それまでにあと何回クリニックに通えるか、その中でいかに治療を効果的に済ませるかといったご相談が増えてきました。
これまで、クリニックでお目にかかることができた患者さんとお会いできなくなることはさみしいですが、この春、リフレッシュして新たなスタートをきるにあたり、ベストな状態でスタートできるよう、できる限りのお力添えをさせていただきたいと思います。

その一方で、この時期にご予約をいただくのは、『帰郷するタイミングに合わせて・・・』とトキコクリニックへご来院をお考えの方も多いのは、とてもうれしいこと。
普段、なかなかご来院いただけない方で、通販でコスメを購入して下さっている方にも、ふと『顔を見にきたよ』とわざわざ足を運んでくだることもあって、とてもうれしい気持ちになりました。

普段は遠くにお住まいの患者さんに久しぶりにお目にかかり、その後の状態をお聞きしたり、新しい暮らしのあれこれやご活躍のお話を伺って、キラキラしたお顔を見せていただけると、本当に嬉しいです。
もちろん、新しい環境の中でこれまでとは別のストレスにさらされて、新たに別の肌にお悩みを抱えられていたとしても、これまで継続的に経過をみせていただいているので、それぞれの患者さんの症状の変化もとらえやすく、より効果的な治療は何かもわかりやすいと思います。
それに、細かいお悩みについても、お話いただきやすい距離感でいられることが、とてもうれしいです。
例え距離は離れていても、やはりそれぞれの患者さんにとっては「かかりつけ」でありたいなと思います。

だから!この春、遠くの街へ行かれる患者さんも、ぜひ、またお休みになったら、おしゃべりがてらでも是非クリニックへお越しください。
たとえ離れていても、それぞれの患者さんにとって「かかりつけ」や「行きつけ」に変わりのないクリニックでありたいと、そう思っています。
しばらくお顔を拝見できなくなるのは寂しいですが、まとまったお休みができたら『トキコクリニックに行こう!』と思っていただけるとうれしいな!

それぞれの春のスタートにむけて、クリニックのスタッフは、みなさんの『キレイ』への小さな決意をヒシヒシと感じています。
だからこそ、あともう少しでお別れの方にも、あともう少しでお目にかかれる方にも、クリニック一同精一杯のキレイへのパワーを充填して、お待ちしています。

どうかトキコクリニックが、みなさんのキレイの故郷になれますように。

2009/03/10  サザエさん的距離感

今日来られた患者様。
ご来院時は受付にて、いつも内服されている薬の処方のみのオーダーでしたが、待合室で久しぶりに顔を合わしたスタッフと少々立ち話をされていたご様子でした。
すると、そこへたまたま通りかかったエステさんとも「最近どう?」なんて具合に・・・

ほんと、女性にとって立ち話って、大切な社会生活の一部ですよね。
それは、「クチコミ」という信頼できる情報の収集手段。さらに、なによりもストレス解消のひとつ。。。
・・・と、思ってみていると「やっぱり先生とも話して帰りたいし、診察受けるわ!」となりました。(笑)

こんな風景が、私はとてもうれしいと思います。
こんな風に、ふらりと立ち寄れるクリニックであってほしい。
立ち話するように、お肌の具合や悩みをお聞かせいただきたい。
サザエさんが配達にきた酒屋さんとおしゃべりするように、マスオさんとアナゴさんがフラリと飲みにいくように、トトキコクリニックは、患者さんにとって、そんな日常の距離感にあるクリニックでありたいと思いました。

「・・・ぐわっ!・・・くううぅ!」

2009/03/09  草食系男子の悩み

かつては、しょうゆ顔とかソース顔なんて時代もありました。
最近は、「塩顔」っていうのもあるらしい。んでもって、その代表が松ケンらしい。
(ご注意!あのオレオレ♪サンバの方じゃないですよ。)
同じく、時を経て、オヤジ系の流行のキーワードは「チョイ悪」から「チョイ枯れ」に変わったとか。

そんな変わりゆく流行の中でも、ここ最近の「草食系男子」の台頭には、目を見張るものがあります。
マッチョ信仰はいったい何処へ行ったのでしょうか。
一見してわかりやすい「男らしさ」を求める女子が減っているってことなんでしょうか。
そんな草食系男子の台頭で、マッチョも「ガリ」マッチョへとその王道の路線変更をやむなくなり、男らしさやセクシーさの象徴だったガッチリした胸板はまだしも、胸毛なんて、もはやお笑いタレントの武器になりつつあるのかも・・・。

ほんっと、流行ってなんなんだろう。

けれど、今や主流とも言われる「草食系男子」にも悩みがあるそうです。
そう、前述した、かつては男らしさの象徴でもあった「ム・ナ・ゲ」!

スラリとした180オーバーの身長に甘いマスクの典型的草食系男子が、先日クリニックへお越しになりました。
とっても礼儀正しく、内面から人柄の良さが伺えるような穏やかな感じが印象的なその男性いわく・・・

「僕はプールや海が大好きで夏場は毎週日曜になると出かけるのですが、胸の毛が気になってTシャツを脱げないんですよね。。。」とのこと。

早速脱毛を始めることになり、これまでに6回のレーザー脱毛が終了。
脱毛は、すればしただけの結果がでるもの。たとえ少々痛みがあったとしても必ず効果がでます。
この方のように定期的にきちんと来店してくだされば、後は私たちにお任せあれ!!

「これで気にせずTシャツを脱げるようになりました。
ダルビッシュ投手に憧れていて、あんな人になりたいと思うのですが、やっぱり毛が濃すぎるのはちょっといけてないなぁ。。。という思いもあったので思い切って脱毛してみました。
かなり毛が減ってよかった!」

ああ、この草食系男子の美意識の高さってば!!
女子のみなさま、時代の主流がこうなってくるとは、これはますます女子にとっては油断ならぬご時勢。
男子でさえムダ毛を気にするのに、女子に手抜きは許されません!
この流行のおかげで、時代と共に、ますます女子の危機感は高まってきております。
とはいえ、美意識高き草食系男子、私もキライではありません。
そりゃあ、どうせなら、男性も美しい方が・・・

・・・って、そんな余裕カマしてていいのか!私!!

危機感ますますの薄着の季節は、もうすぐソコです。

2009/03/06  春待ちダイエット作戦

3月から、通勤を自転車から歩きにしています。
といっても、まだたったの1週間だけれど、それは、運動不足解消とダイエットのため!!!

最初はたった15分くらいなのに、すっごく苦痛に感じいてたけれど、たったの1週間でなんだか贅肉ちゃん達が燃焼の実感アリアリ♪
もちろんカット系サプリと脚やせサプリはかかせません。

皆様、春はもうすぐそこです。
ええ、薄着の季節が迫ると毎年見舞われる、にわかダイエット症候群。
けれど、今回は本気なんですの、私。
本気と書いて「マジ」と読む、そんな勢い。

ちゃんと歩いて、ちゃんと燃やして、ちゃんと食べる。

週末は、今、私のハマってる「情熱ホルモン」を食べに行く予定。
食べたいものを食べられるだけの運動を、キッチリしようと来週も頑張ります。

ご褒美あっての、ダイエット。
・・・え?結果あっての、ダイエット?

もちろん、ご褒美が過ぎないように、しっかり気をつけます!

2009/03/05  大切な人

今の私の個人的な超オススメコースは、淀屋橋院にあるマシーン"タイム" のベイビースキンコース。
このマシーン、実は関西にまだ1台しかないマシーンで、どうしたらこのマシーンのよさを皆に知っていただけるんだろうって、いつも考えています。
トキコクリニックはクリニックだから、治療目的の方が多くて、リラクゼーション目的のお客様がまだそんなに多くないんです。
そんな話をこのコースを受けてくださっているお客様にしていたところ、お客様からとても嬉しいお話が聞けました。

「このクリニックで、月に1回でも体を癒してもらえると思ったら、その日が来るのが楽しみで待ち遠しくて仕事も頑張れるんです。
贅沢かもとは思うことはあるけど、正直この値段でここまでしてくれるのって他にないと思うし、自分へのご褒美があるからがんばれる。
私も、トキコクリニックのファンだし他のお客さんもいっぱい来てくれるといいなと、そう思うけれど、なんか私だけが知ってるというか隠れ家的な感じも嬉しくて、それにあまりにも繁盛しすると、今度は私の予約がとれなくなったらどうしようって思ってしまうの。
だから、私のホントに大切な人にだけここを紹介したいって感じなのよね。」

『大切な人を紹介したい』

それは、私が仕事をする上で一番大切にしていきたいと思う事の一つでした。
大切な人、例えばお客様のご家族であったり、同僚であったり、大切なお友達だったり。
そんな人を紹介したいと思っていただけるには、ここだったら任せられるという信頼をしていただかなくてはできないこと。

・・・うれしい。うれしい!
とっても、とてもめちゃくちゃうれしいお言葉です。
だから、私はいつもどのお客様にも、私の大切な人だと、そう思って向き合っていくことが大切なんだと、今日あらためて思いました。

皆様、いつも本当にありがとうございます。
私の大切な人として、お越しいただくことが、私の喜びであることを大切に、今日も明日も、そうやって毎日お仕事できることの嬉しさを大切にしていきたいです。

「大切な人」とお越しいただけるクリニックでありたいと、また、心新たにしています。

2009/03/04  コトキ的花粉症対策

ある日突然、恋に落ちるが如く、花粉症になった私。
恋に落ちると切ないけれど、花粉症は辛いだけぇ!(涙)

・・・だったの で・す・が!

ここんとこは、漢方高濃度ビタミンC点滴、そして鍼灸のおかげで、症状も治まり快適にすごしています。
だた、黄砂?の影響でしょうか。ちょっぴり肌のカサつきが気になって・・・

そこで、今年はトドメのジョーカーとばかりに、イオン導入を追加!

・・・うむ。
・・・うむうむ!
・・・これで、よいのじゃ!!

春が来るのが憂鬱だった私が、がぜん春が待ち遠しい季節に。
あとは、薄着の季節に備えて、体をひきしめるだけ。

・・・ええ「たった」それだけ。
・・・そう。「たった」のそれだけ。

だから、今や私にとって、春は、待ち遠しい季節なのであります!

お悩みの方、スタッフまで、声をおかけください。
花粉症にお悩みの方も、もちろん、私と同じ「たった」にお悩みの方も。

2009/03/03  ひなまつりの思い出

実家の母から「今年もおひなさまを出してるよ!」という電話がありました。
独身アラサー女子としては、なんとなくなんともなー・・・な電話。

ちゃんとひなまつりが済んだら、母はさっさとお雛様を片付けてくれているであろうに、私、今だ片付く気配ナシ。
ええ、ご結婚のご予定なんて、まーったく気配すらございませんわ!
・・・オホホ。

でも、母は電話の向こうで、私が小さい頃おひなさまの前で甘酒で酔っ払ったことや、お雛様の扇子を奪い取って、なんちゃって日本舞踊をした思い出をとっても懐かしそうに話していたのでした。

私のひなまつりの思い出は、「ほうれん草のバターソテー」。
幼稚園のひなまつりの日のことです。
みんなで作った牛乳瓶に紙粘土を貼り付けて作ったお雛様が並ぶ中、お弁当に入れられた「ほうれん草のバターソテー」がキライで、それがどうしても食べられなくて、私だけずーっと紙粘土のお雛様とニラメッコして、ひとり居残り弁当していた思い出。

母に話すと「アラ?キライだったっけ?!」と。
私は毎年この話をしてる気がするけど、母の思い出には「ほうれん草」は上書きされていないのでしょう。
でも、こんな風に、毎年思い出を繰り返し語ることに、ひなまつりの意味はあるのかもしれない。
ちょっとずつ、いろんな思い出を上書きしながら、楽しかったことだけじゃなく、辛かったことも年月を重ねるうちに笑い話にできるんだろうな。

女の子の成長を祝う、ひなまつり。
そんな私の、ひなまつり。

2009/03/02  オトナニキビに感謝

さて月曜恒例になりつつある、週刊私のオトナニキビ。
でも、今週は、ちょっとオトナニキビにありがとうな、そんな予感。

この週末、急に歯が痛くなって歯医者さんへ駆け込んだ私。
子供のころから歯は丈夫で、いやもうトコトン歯だけは丈夫で、小学校の4年生以来歯医者に縁のない私に、まさに晴天の霹靂。
結果は、虫歯1本。
ソレはソレで、まあこれだけの長い間虫歯ができなかったことを自分で褒めたいほどなんだけど、歯医者さんにはコーッテリ叱られました。
にゃんと!歯周病予備軍!だって。
歯周病なんてオッチャンのなる病気と思っていたのに・・・。
実は、結構若い人でも歯周病の人は多いそうです。
「特に、歯が丈夫だと安心している人ほど、歯のお手入れがいいかげんになって、その結果ひどい歯周病になって取り返しがつかないことになるんですよ!」

・・・ガガガガーン。

そういえば、先日クリニックにお越しいただいた方のことを思いだしました。
全体的はお肌の印象はとってもキレイな「色白もち肌」の方。けれど、ここ最近、急に頬付近の赤みとヒリヒリ感が気になり来院されたそうです。
お聞きすると、今まで特にお手入れをしなくてもこれといったトラブルもなく過ごしてこられたようで、毎日のスキンケアは化粧水のみということでした。
そこで、肌状態を詳しく見られるマイクロスコープで診断したところ、一見「色白もち肌」の実状は、キメがほとんどなくカサカサと痛々しい状態であることが判明!

・・・きっと、私の歯医者さんの「ガガガガーン!」と同じお気持ちだったはず。

かなり乾燥が目立つお肌になっていらっしゃったため、内服薬の処方と保湿ケアの徹底をアドバイス。
診察後、オリジナルドクターズコスメで保湿をして頂くと、ヒリヒリ感が和らいだようで
「スキンケアを簡単に考えてました・・・今晩からしっかりお手入れします!」と笑顔でお帰りになりました。

私の歯同様、お肌が綺麗な方ほど、安心してお手入れが雑になることもあるのかな。
そう思えば、私のオトナニキビちゃん、その存在のおかげで暴飲暴食のストッパーにもなり、ちょっとムリをしすぎると顔をだしたりして私に警鐘を鳴らしてくれているのかも。

そりゃありがたくない存在だけど、それが何かのきっかけになるのなら、オトナニキビちゃんにも意味はあるのかもしれません。

だけど、やっぱり卒業したい。
オトナニキビ卒業にかける、この春なのです。

・・・ええ、そんな春は、これまで何度もやってきたのではありますが。