2009/11/30  冬ごもりへの誘い

ここ数日、気になるチラシがポストに投函されています。
それは、デリバリーのアレコレ。

ピザのデリバリーが始まった頃、出前ではなくデリバリーされる新鮮さで味が嬉しさ2割増に感じた私は、お店で食べるピザより宅配ピザの方が美味しく思えたものでした。
それは、当時、私が子供だったこともあるけれど、それ以上に日常の食事の並ぶテーブルに、非日常のピザが並ぶからだったかもしれません。

それが今や。。。
ピザだけでなくパスタやお寿司、オムライスに釜めし、ハンバーグ専門店まで。
これがどれもこれも、なかなかのお味。
寒くて出かけるのも億劫になる季節にはもってこい!
なんならスッピンでパジャマでも大丈夫(ただし、デリバリー君がイケメンでないことを祈る)とくれば、ズボラな食いしん坊さんにはぴったりです。(って、ダレよ?!ソレ!?)
もちろん、これからのイベント満載のこの季節、お家で友人とまったーり過ごすときには、強い味方になってくれます。

そんな中、見つけてしまいました。今年の冬のデリバリー界に有力新人が。
それは、宅配パエリア。
パエリアとは、スペイン料理。
大きな丸い鉄板で炊いた、具だくさんの炊き込みご飯とでもいいましょうか。
シーフードやベーコン・ハムだけでなく、様々な具材の組み合わせがあり、サフランの香りが食欲をそそります。
なにより皆で取り分けて楽しめる、イベントシーズンにピッタリのメニュー。
サイドメニューも、生ハムやマッシュルームのガーリックオイル焼きやスペイン産オリーブなど、ちょっとオトナなアイテムが並び、ワインのあてにぴったり!なーんて思ったら、お手頃価格のワインが赤白スパークリングまで宅配してくれるとか。
デザートには、カタラーナ(プリン味のアイスクリームみたいなの)やチュリトス(固めのドーナツみたいなの)まで。

・・・。

つまり、その誘惑と日々闘っているわけです。
デリバリーという、日常と非日常の交錯する甘美な時間への誘い。
デリバリーという、外食よりも小さく思える(けど実はそこそこお支払いするのだけど)プチ贅沢への誘い。
そして、デリバリーという、高カロリーへの誘い。
つまり、デリバリーという、デリバリーという、冬ごもりへの誘い。

クリスマスまで、もう一カ月をきりました。
だからと言って別にどうということもないけれど、自分ご褒美は自分を甘やかすのでいいのか、私。
ここまで、加圧トレーニングだ、代謝アップだとアレコレに励んできたのに、こんなチラシ一枚に惑わされてなるものか。
帰宅してポストを見るのが、楽しみなようであり、見たくないような気もする・・・。

この冬、なかなかの強敵が出現です。

2009/11/27  師走の足音

なんとなく、気忙しくなってきました。
来週からは、もう師走。
年の瀬の足音が、聞こえる季節です。

慌ただしくて気忙しいのは、次の一年の幕開けが控えているから。
そう考えれば、追い立てられる気持ちよりも、自分が前に進んでいく気持ちになれて、少しは気が楽になれます。

とはいえ、この季節、体調を崩しやすいけれど、休んでいられないシーズン。
お仕事されている方はもちろん、主婦の方も、この季節は気合だけではのりきれないことも。
そんな方にオススメしたいのが、栄養療法です。
今の時期から続けて頂ければ、免疫力を高め風邪をひきにくくすることができます。
それでも、コレはヤバイ!と感じたら、奥の手を。
高濃度ビタミンC点滴は、どうしても乗り切りたい場面で、きっと力を貸してくれるはずです。

とはいえ、昔から
「毎日しっかり寝て、しっかり食って、人と仲よくしてるやつは、恐ろしいぞ」
と言います。
あたりまえのような、毎日の睡眠と食事、そして明るい笑い声が、一番の元気の源。

慌ただしいとはいえ、12月はイベントごとのたくさんある楽しい一か月でもあります。
毎日、体を気遣ってあげることを忘れずに、美味しくて楽しい12月になりますように!
今からできる準備は、早速に始めておきましょう。

2009/11/26  自分への花束

二週間に一度、クリニックにお越し下さるお客様がいらっしゃいます。
先日、手に小さな新聞紙の包みをお持ちでした。
荷物をお預かりするときに、ふと見ると、それは小さな花束。
何かの記念日かと思ってお聞きすると、

「花を飾って、規則正しい毎日の暮らしをしようと思って。」

毎日、お仕事が忙しく、帰宅されるのが深夜になることもあるそうです。
さらに、一人暮らしをされているので、気をぬくと毎日の生活がどんどん不規則になっていってしまうこともあるとか。

ああ!私も激しく共感。
自分だけだと、自分の都合しかないから、不規則でもぐうたらでも、なんとかなっちゃうから、加速度的に暮らしはすさんでしまうもの。。。

でも、小さくても部屋にお花を飾ることで、気持ちも明るくなるし、毎朝水を変えることで少しでも規則正しい暮らしを意識したいと、お客様は自分で自分のために、お花を買って帰られるそうです。

すばらしい。
私もそんな心の余裕がほしい。
小さな花束が自分の暮らしの背筋を伸ばしてくれるなんて、早速、お客様の真似をさせていただくことにしました。

花を見るだけでなく、花に見られる暮らし。

みなさんも、お試しください。

2009/11/25  黒を着こなせ!

私のオサレ参考書いわく、「30代女子、今年の黒」だそうです。
そう雑誌の表紙にありました。
どうやら今年はモノトーンな冬のようです。
いや、なんだかんだいって毎年冬になると服装はモノトーン。
グレーだレザーだと少々の振れ幅はあったとしても、基本的に地味色の季節ですよね、冬って。
これって、冬物は夏物に比べるとお値段がするから、無難なモノを選んでしまいがちでモノトーンになるのか。(なんたる保守的貧乏人根性なんだろう、私。)
それとも、秋冬ってどうしても太ってしまうから、モノトーンで引き締めてみせようっていう乙女心なのか。(なんてあざとさ溢れる服装なんだろう、私。)
とにかく、冬物は黒をベースに買っておけば、なんとかなる気がする。
でね、小物で色を取り入れて...なんてオサレ雑誌はご指導下さる訳ですよ。

...だか、しかし。

冬場ってね、どうしたって顔色がくすみがち。
いくらメイクでがんばっちゃっても、ベースの顔色が冴えないんだから、どう上書き更新したって、いかんともしがたい状況なんです。顔色が。
でね、髪だって、乾燥してパサついたりなんかして、思ったカラーがでない。
それがさらに顔色をくすませてしまうワケです。
つまり、オシャレがきまらないのは、顔色のくすみ。
その問題の根幹を無視して、いくら今年は黒だからってキバってオシャレしても、もう顔色は日本海溝よりも深く沈んでしまうんです。

もちろん、「今年は黒」なんていう流行は無視して、今年の冬からはミラノのマダムみたいに、白シャツに紺やベージュで顔映りのいい色を選んで、クローゼットを一掃するという手も無きにしも非ず。
でも。でも。
この際だから、紺やベージュはもちろん、黒でも着こなせる肌色に自分が変わっちゃえばいいんじゃないかと気がついちゃいました。私。

早速、美肌部にてミーティング。
フォトRF・オーロラで透明感をゲットン!すればいいんじゃないの?とか。
フォトフェイシャルファーストなら、透明感だけでなくキメまで細かくなっちゃうんじゃないの?とか。
美顔鍼で、小顔もオマケに手に入れちゃえば?とか。
つまり、アレコレ手があるだけに、どうするか悩んでしまって。。。

結局、「30代女子で黒」のオサレをキメられる女子は、透明感という実力がある女子だけってことなのか?と軽く凹んだ挙句、打つ手の一歩を踏み出せない私。
もちろん、小心者なのでベージュと紺のミラネーゼへのいきなりシフトチェンジも図れず。

とりあえずは、ウォーキングと加圧トレーニングで、マッスルからのくすみとり。
追って、顔からのくすみとりを考えることにします。

「30代女子の黒」への果てなき道のりを、私はまだ歩きはじめたばかり。
この冬中に間に合うんだろうか、私。

2009/11/24  エビの誓い@京都

三連休、いかがお過ごしでしたか?
私は紅葉の京都へ、女子ツアー。
色づく風景ももちろん美しかったけれど、並んででも食べる甘い物も美味しゅうございました。
花より、団子。
紅葉より、ぜんざい。
四季折々の風景はもちろんですが、四季折々の甘味もある。
ああニッポンに生まれてよかったと心から思う、そんな旅路を味わってまいりました。

移動の道中、話題に上ったのは、エビの話。
ようやく年貢をお納めになった、あのエビ様のこと。
女子のエビちゃんもご結婚されるそうですが、やっぱり断然男子のエビ様が気になります。
そう、海老蔵さま。
これまで数々の浮名を流されましたが、落ち着いた先は、やっぱりというかなんというか「お嬢様」指数が極めて高い小林シスターズの中でも、さらに「お嬢様」指数の高い妹、小林麻耶さんでした。

・・・やっぱりね。
・・・やっぱりか。

あらゆる雑誌で、女子のエビちゃんは「モテ髪」だとか「モテ服」だとかを実演指導下さっていたわけですが、男子のエビ様はその王道ともいえる「モテ」キャラを選ばれたことに、得も言われぬ敗北感を感じたのは、私だけではないはず。
女子は白いひざ丈のスカートが似合ってナンボなんだよ。それも、ややフレアの。
女子はモヘアのフアフアニットが似合ってナンボなんだよ。それも、白かパステルの。
女子は肩下のセミロングで毛先をクルリンと巻いてナンボなんだよ。それも、斜め前髪の。

もう、あれじゃない?流行とか、なんにも評価に結び付いてないじゃんか。
背が高くて気の強い女子がお好みだって、そうお聞きしたましたが、結局「お嬢様」指数の高いことが大事だったんじゃないの?
気が強いオンナ、でもなく。色気、でもなく。仕事ができるオンナ、でもない。
・・・「心がキレイな方」って。
さ、ささ、皆さん、ぜひ、ご唱和ください。
・・・せーのっ!

「 なーっ にーっ そーっ れーっっ っ ! 」

・・・ふう。ちょっと、スッキリした。
私だって、ココロ、めーっちゃくっちゃキレイだもん。
もう、しらさエビのごとく、スッケスケで透明なうっつくしいココロだもん。

こんな負け惜しみをさんざん繰り広げながら、ふと疑問に感じたのです。
私たちが日々更新してる「カワイイ」情報って、ナンボのもんなんだろう、って。
だって、京都に向かう車中の女子は、膝丈スカートどころか、ボーイフレンドデニムで。
フアフアニットどころか、フリースパーカーで。
斜め前髪をわざわざカットして、パッツン前髪にしたボブで。
でも、これ、ぜーんぶ世の中的には、結構、いやそこそこカワイイはずのアイテムなんだけど。

私たちの目指してるカワイイは、結局、男子が惹かれるカワイイとは、似て非なるモノなんだと、今回のエビ関連のニュースで納得しつつでも、心の中では解っています。
結局、モテるのは「正統派」。
男子が求めるマーケットの一番広いところは、いつの時代も変わらない「正統派」。
だって、女子が京都に心惹かれるのも、伝統や歴史が息づく街にある、時を経ても変わらない「正統派」があるから。

でもね、まだ私自身が「正統派」にたどり着くには、旅が足りない気がするんです。
モテることだけを目指すなら、抑えるべきツボはコレなんじゃないか?ってのは、もうそろそろ解る歳になりました。
でも、あえてソコを抑えて守りに入らずに、自分の「カワイイ」を選んで攻め続けたい。

秋の京都のどこまでも高い空に、そんな誓いをひとつ。
時代に流されない街のように、男目線に流されず、これからも自分でなんでも選んでいきたい。
そんなアラサー女子の私は、ちょっとカッチョイイんじゃないかと、思うのです。

2009/11/20  それぞれのゴッドハンド

寒くなってくると、私は肩がコルタイプ。
「っさむいなぁ・・・」なんて言いながら肩をすくめるポーズも、ひとつの原因じゃないかと思われます。
そして、寒くなってくると、朝、顔のむくみも気になるんです。
朝ついた、枕の型が昼過ぎまで取れないなんて、もう悲しくて悲しくて、とてもやりきれない。

そんな私は間違いなく、冷えて血流が悪くなるタイプ。
日頃から体を冷やさないように気をつけてはいますが、肩コリの悪化と顔のむくみを解消するためには、やっぱり体を芯から「温める&ほぐす」が解決の道。

そこで鍼灸の先生に相談して、フェイス鍼をすることに。
頭を触ってもらったら、頭皮がぶよぶよ。
これが、私のむくみの正体です。
顔鍼の後、シャンプーすると頭皮がしっかりしたと感じたし、なにより朝の洗顔時に顔がスッキリした感じ!
もちろん、肩コリも先生のゴッドハンドで、ぐぐぐっと楽に。

これまであまり鍼灸の経験がなかったから、正直もみかえしなども心配でしたが、ちゃんと先生にその旨を伝えておけば、鍼灸初心者の方でも安心です。

慢性の方には、慢性の方向けを。
慢性肩コリでも、鍼灸初心者むけを。
もちろん、ベテランの方(?)には、ベテラン向けを。
人の手でする治療だからこそ、それぞれの方にぴったりの方法がある。

クリニックの目指す姿を、こんなところでも感じることができました。
私自身も、それぞれの患者さんにとって、それぞれのゴッドハンドでありたいです。

2009/11/19  今年、買いました?

女子ですもの。
お買い物が原動力なところって、ありますよね。
こういうことを言うと「不景気だ、不況だ」とお嘆きのオジサマに「オンナノコはいいよね~」とまるで自分が日本の不況を背負ってるみたいなことを言われそうですが、オンナノコから言わせてもられば、そんなの「オジサマの不況、どんだけ?」ってもんです。
そんな私、今年のブーツ、買いました。

毎年、この季節になると「今年のブーツどうするよ?今年のコートどうするよ?」と女子の胸騒ぎはスタートするワケです。
雑誌だけじゃなく、街行く女子の足元やショーウィンドーが気になって「どうする買っちゃう?」なんて独り言が胸にこだまするワケです。
もちろん、ブーツもコートも、毎年買い替えなきゃいけないってワケではないのですが。

そんな私の今年のブーツは、ニーハイ。
ええ、ニーハイブーツです。
今年の流行をおさえつつ、気になる脚のラインをカバーしてくれる、優秀なコを選んだつもり。

ところがね、このニーハイ。
いや、ニーハイに限らず、ブーツには大きな落とし穴が潜んでいます。
それは、タイトであればあるほどカッコイイんだけど、タイトであればあるほど、長ければ長いほど、脚のむくみが気になるってこと。
なので、ブーツを買いに行くのは、是非とも午後に。
午前中にピッタリだったはずのブーツでも、午後になると履けなくなる可能性があります。

その脚のむくみ、ブーツでは隠せても、治せません。
いや、隠してくれるはずのブーツが、入らなくなるなんて悲しすぎる。
むくみでお悩みの方には、インディバはもちろんですが、脂肪燃焼マッサージが効果的。
たった1~2回で、ブーツを履くときに、その効果を実感していただけます。
クリニックのマッサージは、表面をこするだけでなく、中からしっかりほぐすので即効性が違う。

今年のブーツを買う前に、まず、足のむくみを解決してから、お買い物におでかけ下さい。
いつもより、細めのラインがはきこなせる足で、今年のブーツを選んでいただけると思います。

2009/11/18  さよなら、モンチッチ

ホント、子供の素直さや正直さって、ある意味で残酷なことがありますよね。
子供のころのあだ名には、その名残があるもの。
私の昔のあだ名で、その残酷さを感じるのは「モンチッチ」。
この「モンチッチ」というキャラクターでバレてしまいそうな世代感はさておき、私はショートヘアだった訳でも、いつも親指を吸っていた訳でもありません。
じゃ、一体なんで「モンチッチ」だったのか。

それは、濃い毛。
それも、顔の毛。

大人になっても悩み続けていたのですが、今回、オールフェイス脱毛にチャレンジすることにしました。
オールフェイス脱毛を始めて、まず良かったことは、顔の毛剃りをしなくて済むようになったこと。
顔の毛剃りって、なにかと皮膚のトラブルの原因にもなりやすくて、毛剃りをきっかけにニキビができたりすることもありました。
...なにより、面倒だし。。。

そして、毎日、いや毎朝、私が実感しているのは化粧ノリです。
コレが違うと、一日のスタートが違ってくるんですよね。
テンションが上がるっていう、二次的な効果も実感しています。

そして、今日!なによりも嬉しい言葉をいただきました。
「なんかお肌に透明感がでてきたね。」
...ト、と、ト、TO、と...トーメイカンッ!

「透明感」ですと!?!

私の一番求めているモノなのに、一番手が届きそうになかった「透明感」!
我が憧れの「透明感」!
こんなことならもっと早くやっておけば良かった。
顔への施術だから、な~んとなく抵抗感を感じていた小さな私。

そういえば、患者さんにも毛穴が気になるというお悩みでお越しになった方のお肌をよく見ると、細かい産毛が原因だったということがありました。
その方も、オールフェイス脱毛されて、毛穴が引き締まり、化粧ノリが違ってきたとおっしゃっていました。
デリケートな肌の脱毛ですから、丁寧な施術が必要ですが、それだけの効果を実感できる顔脱毛。
一石二鳥、いや一石三鳥の効果が実感できます。

さよなら、私の「モンチッチ」。

2009/11/17  手肌の乾燥警報発令中!

今年の秋口は、いつもと比べて、手肌の乾燥のお悩みでクリニックへお越しになる方が多いように思います。
例年も、確かにこの季節から気温が下がるのに合わせて空気が乾燥し始め、手肌の乾燥に悩まれる方が増えてくるのですが、今年は、新型インフルエンザの流行があって、予防のための手洗いをまめにされることで、さらに手肌の乾燥によるトラブルが増えているのではないでしょうか。

とはいえ、手洗いうがいでの感染予防はとても大切なこと。
まず、手肌の乾燥を防ぐには、洗った後の水分をしっかり拭き取ること。
これは、インフルエンザの感染予防のためにも、大切なことです。
そして、こまめな保湿。

クリニックでは、ボディハンドベールというハンドクリームをお勧めしています。
トキコ先生のオリジナルレシピで作っているハンドクリームなので、余計な保存料などは一切なし!アトピー性皮膚炎などの皮膚の弱い方でも使っていただける商品です。
保湿効果が非とっても高いのにべたつきもなく、伸びがいいのが嬉しい。
その上、脂溶性ビタミンC配合なので、美白効果もあるんです。
一度にたくさんの量を使うよりも、少ない量をこまめにすりこむ方が、効果を実感していただけると思います。

外に出るときには手袋をして、乾燥した空気から守ること。
寝る前にも、保湿剤をいつもよりたっぷりめに塗り込んで、手袋を。
手は年齢の出やすいパーツですが、日々の小さな心がけでぐっと成果の出るパーツでもあります。
なにより、トラブルがあらわれると日常の暮らしにも影響が出やすいところ。
毎日のお手入れの際、ちょっとしたコツを気にしていただければ、トラブルを未然に防ぐこともできます。
ぜひ、お試しください。

2009/11/16  甘く見ないで

この冬は生姜ブーム到来!
生姜入りのスープやインスタント麺、しょうが湯もおなじみの粉末だけでなくシロップ状のものまで、ありとあらゆる商品が。
冷え症の私にとっては、嬉しい限りですが、やっぱり私のお気に入りはジンジャーティ。
お好みの紅茶に、おろししょうがをトッピング。
もちろん、おろしたてがオススメですが、面倒ならチューブでOK!
そこにお気に入りのハチミツをたらして頂く時間は、体が芯から温まり、心も癒される至福のひととき。

そんな私のお気に入りハチミツは、マヌカハニー
このマヌカハニー、とても殺菌効果の強いハチミツで、原産国のニュージーランドでは、このマヌカの木からとれるマヌカオイルを火傷や切り傷の手当にも用いるなど、家庭の万能薬としておなじみだそうです。
さらに、このマヌカハニーには、すぐれた抗酸化力もあるので、アンチエイジング効果も期待して、毎日続けて飲んでいます。
そういえば、紅茶うがいで風邪予防できるなんて話も聞いたことがあるから、私が今年のぜんぜん風邪をひいていないのは生姜ハチミツ紅茶パワーのおかげかも。

クリニックでも、このマヌカハニーとマヌカキャンディーを販売し始めました。
先日、喉のイガイガが気になったとき、マヌカキャンディーを一粒。
気付けば喉に感じていた、小さな風邪の予感を忘れていたので、たかが一粒のアメチャンとはいえ侮れない実力の持ち主のようです。

ただ、化粧品の横に居並ぶハチミツとアメチャンには、若干違和感を感じなくもない、こともない?
いや、アメチャンであれ、ハチミツであれ、美しくあるためには健康であってこそ。
クリニックのラインナップにふさわしい、甘い新人たち。

あんまり甘く見ないで下さいね。
甘いながらも、実力は確かです。

2009/11/13  ハロウィンの夜に・・・

先日、ワゴンセールで買い込みました、ハロウィングッズの数々。
年々、日本でも盛り上がりつつあるハロウィン。
シーズンオフで随分とお買い得?いや、もはや投げ売り!に近い「超お買い得」グッズの中から、カワイイものを厳選しまくってゲットン!
来年まで温存して、これで来年からは私もハロウィン参戦!です。

子供の頃、怖い話やおまじないとか、占いや魔女、それからUFOなどなどに興味津々だった私。
ハロウィンの夜、真夜中の24時ちょうどに、バケツや洗面器に水を溜めて、その水面を覗き込むと将来の結婚相手が映るという噂を聞いて、試してみたことがあります。
23時45分くらいから水を溜め、水面が波打たないようにじっと時計と睨めっこして...
いざ24時ちょうど!
・・・なんだか急に怖くなって、水面を覗き込むことが出来ませんでした。
だって、覗き込んだ時に、もし、誰も映ってなかったらどうする?
逆に、自分以外の顔が本当に映ってたら、それが例えどんなイケメンだったとしても、やっぱり腰抜かしちゃうでしょ?
時計とにらめっこした15分に、別の恐怖心が芽生えてしまったのでした。

でもね、今は、その水面に映る自分の姿が恐ろしい。。。
顔のゆるみやたるみを突き付ける、その鏡が恐ろしい。
ところが、この顔のゆるみだと思っていたのは、実はむくみのようでした。
先日、恒例の美肌部のミーティングで指摘され、インディバ美顔鍼を受けたところ・・・
あらま、スッキリ!

このスッキリ感も来年のハロウィンまで、ガッチシ維持して、来年こそ、水面に映る誰かさんを覗き込んでみようかしら。
そんな勇気、あるのか、私?!

2009/11/12  サプリのチカラ

なんだかいつもだるくて、疲れやすい。
理由のわからない、肌荒れや湿疹。
胃腸の弱さや、1年中続く乾燥肌の悩み。
どれも体質だからと諦めていたとおっしゃっていた方々が、揃って「なんだか最近、調子がいい!」と喜んで下さっています。

栄養療法を受けられる患者さんが増えています。
ピロリ菌のチェックや、それぞれの採血データから必要な栄養素をお調べすることができます。
その結果に基づいて、サプリメントで足りない物を補っていただくことで、しばらくすると実感いただける「なんだか調子いい!」という実感。
なんとなく採るサプリとの違いは、明らかです

私の場合は、血液検査でビタミンBや亜鉛・鉄・タンパク質が不足していることがわかりました。
さらに、ピロリ菌も見つかり、さんざんな結果だとショックだったのですが、とにかく手を打とうと、気になる症状に対してビタミンBと亜鉛を補うことから始めました。
ビタミンBを飲み出してかなりニキビが減り、このところは出なくなりました。
おまけに疲れもたまりにくい。
私も「なんだか調子いい!」を実感しております。

でも、それ以上に私に元気をくれるのは、栄養療法を始められた患者さんからの「なんだか最近、調子いい!」と言っていただけること。

患者さんからの嬉しいご報告こそ、私たちのサプリなのかもしれません。

2009/11/11  おでんのチカラ

最近コンビニで、ついつい目が合っちゃうのが、おでんちゃん。
冷たい外の空気に対抗するには、あなたのアツアツが必要な季節になってきました。

皆さんのナンバーワンおでんちゃんはダレですか?
私は、モチ巾着クンかなぁ。
出汁を吸った揚げに、とろける食感のお餅。
一品で二度美味しいなんて、お得すぎます。
とはいえ、王道の大根サマも捨てがたい。
私の中ではニューカマーのすじ肉クンも・・・。
いやもう、この際、どのおでんちゃんでもかまわない!
私をしっかり、温めてくれるなら。

布団に入ってもつま先が冷たいなんて。
手袋してても指先が冷たいなんて。
人恋しい季節に、ほんのひとときでも、こんな私を温めてくれるおでんちゃん。。。

・・・とはいえ、本気で体を芯から温めるなら、クリニック1番人気のインディバです。
ご好評いただいているため、なかなか予約をお取りすることができない時間もあり、ご迷惑をおかけしております。
人気の秘密は、体の深部に熱が入るのでポカポカが長続きすること。
代謝を上げることで、太りにくい体質になること。
そして、なによりも、とにかく気持ちいいんです!

毎年、冷え症で悩まれている方、ぜひお試しください。
おでんちゃんも、いいけれど。

2009/11/10  トレーニングのチカラ

昨日に引き続き、私のサンタ探しキャンペーンの一環として、ここ一カ月励んでいるのが、加圧トレーニング
だいたい週1回、下半身中心のトレーニングを受けています。
始めた頃は、こんな短時間で筋肉がつくのか本当に痩せるのかと半信半疑でしたが、トレーニングを始めてたったの3回目で、以前から気になっていた股ずれ(!)が改善。
さらに、昨日インボディーで体脂肪を計ると4%もダウン。
そして、最近私の周りでささやかれる「痩せた?」の声。
イヤ~ン!ホントォ?!何度でも、言ってぇ!!

さらに、トレーニングの後より効果的なのは有酸素運動。
そこで、トレーナーのなおみ先生の言う通り、ウォーキングをかねて一駅手前で降り、さらに帰宅後半身浴をしてみたら・・・びっくりするほど発汗!
おかげでお肌もイイ感じ。
キツイと感じるトレーニングではないのに、しっかり効果がでるから、週1回でもしっかり続けようと思っています。

とはいえ、暴飲暴食の予感が満載のシーズンを前に、ここで気を抜くワケにはならぬ。
毎年、冬場は体重が増えがちなシーズン。
いや、間違いなく「体重が増える」シーズン。
今年は、今の状態をキープするためにも、しっかり加圧トレーニングに励みたいと思います。
できれば、もう一周り痩せたいわぁ。。。。

2009/11/09  トマトのチカラ

11月になって、急に聞こえてきたのが、年の瀬の足音。
気がつけば、年賀状ももう発売されてる!し、私の大好物!クリスマスコフレも、各ブランドから次々と発表されています。
クリスマスグッズも店頭に並び、華やかな季節の予感を感じさせてくれる半面、慌ただしさを感じるのもまた事実。

「今年こそ、クリスマスイブまでに年賀状を書くぞ!」と思いつつ、「もしかして、それまでに私のサンタさんが見つかっちゃったりしちゃったら、イブまで忙しくなっちゃったりして...」なんていう、淡い雪のような期待が溶けないことを祈る日々。
そんな「もしも」に備えて、日々自炊をがんばってます。

先日のメニューは、トマトたっぷりのオムライス。
夏と違ってなかなか美味しいトマトがない季節ですから、トマトを加熱していただくことに。
玉ねぎやベーコンと一緒に炒めて、お手製トマトソースをオムライスの上にドドーン!
卵の中のご飯は、冷凍のエビピラフをお好みでケチャップで味付けしただけで、全然OK!
ソースをたっぷりかければ、簡単なのに、なんだかまるでレストランの味。
トマトの旨味が楽しめる、簡単オススメメニューです。

さらに、トマトには旨味だけでなく、アンチエイジング効果の期待できるリコピンがたっぷり。
美味しくってキレイになれるなんて、んでもって、おまけに料理上手に見えるなんて、女子の強い味方。
とはいえ、ダーリンのオムライスに、ケチャップでハートマークを描く夢を、本当は実現させたくてたまらないのだけれど。。。
もし、ケチャップでハートが描けるような状況になっちゃったら、リコピンの補給はDr.TOKIKOシリーズのジューシーボディオイルに、お願いすることにします。
お風呂上がりに体に塗り込んで、若々しいお肌に。
うふん。

ああ、クリスマスまであとわずか。
年の瀬に向けての準備は何もできていませんが、私のサンタさん探しの準備は着々と整っております。

2009/11/09  トマトのチカラ

11月になって、急に聞こえてきたのが、年の瀬の足音。
気がつけば、年賀状ももう発売されてる!し、私の大好物!クリスマスコフレも、各ブランドから次々と発表されています。
クリスマスグッズも店頭に並び、華やかな季節の予感を感じさせてくれる半面、慌ただしさを感じるのもまた事実。

「今年こそ、クリスマスイブまでに年賀状を書くぞ!」と思いつつ、「もしかして、それまでに私のサンタさんが見つかっちゃったりしちゃったら、イブまで忙しくなっちゃったりして...」なんていう、淡い雪のような期待が溶けないことを祈る日々。
そんな「もしも」に備えて、日々自炊をがんばってます。

先日のメニューは、トマトたっぷりのオムライス。
夏と違ってなかなか美味しいトマトがない季節ですから、トマトを加熱していただくことに。
玉ねぎやベーコンと一緒に炒めて、お手製トマトソースをオムライスの上にドドーン!
卵の中のご飯は、冷凍のエビピラフをお好みでケチャップで味付けしただけで、全然OK!
ソースをたっぷりかければ、簡単なのに、なんだかまるでレストランの味。
トマトの旨味が楽しめる、簡単オススメメニューです。

さらに、トマトには旨味だけでなく、アンチエイジング効果の期待できるリコピンがたっぷり。
美味しくってキレイになれるなんて、んでもって、おまけに料理上手に見えるなんて、女子の強い味方。
とはいえ、ダーリンのオムライスに、ケチャップでハートマークを描く夢を、本当は実現させたくてたまらないのだけれど。。。
もし、ケチャップでハートが描けるような状況になっちゃったら、リコピンの補給はDr.TOKIKOシリーズのジューシーボディオイルに、お願いすることにします。
お風呂上がりに体に塗り込んで、若々しいお肌に。
うふん。

ああ、クリスマスまであとわずか。
年の瀬に向けての準備は何もできていませんが、私のサンタさん探しの準備は着々と整っております。

2009/11/06  鍋戦線、異常アリ

今年の鍋戦線、どうやら異常アリなのでございます!
スーパーの棚にもテレビCMでも、トマト鍋だとかカレー鍋だとか、なんだか洋風へのシフトチェンジを実感しております。 
おまけに、カレーおでんなるものも人気だとか。

そういえば、少し前に朝カレーブームがありました。
かのイチローも実践してるとか、してないとか?!
「朝カレー」という、朝用にあっさり仕立てのレトルトカレーまで売り出され、かなりの人気になったというのですから、それなりの理由があるはず。

確かに、カレーにはたくさんの食材が使われているし、いろいろなスパイスが含まれていて、朝、体温を上げてくれる納得のメニューなんです。
そのカレーを鍋にしようもんなら、もう体ポッカポカ、汗ダッラダラ!
体の芯から温まる、まさに「鍋に金棒!」なワケです。

ただ、恐ろしいのがシメ。
ラーメンもいいけど、やっぱりご飯を入れておじやに、そしてチーズをトッピング・・・
なんたるハイカーボ!ハイカロリー!

でも、寒~い夜には、食事の前にカロリーカットサプリを飲んで、野菜たっぷりを意識すれば、免疫力もバッチリアップするはず。

去年の冬までは、鍋といえばヘルシーなイメージだったのに、今年はなかなか手強い鍋戦線。
早速、試してみなければ。

2009/11/05  フワフワモフモフ

もう、フリース出しました?
いやあ、1年ぶりに出会うフリースくん達。
ことしもフアフアモフモフの感触で私を抱きしめてくれそう!
(・・・と書いてて寂しくなるのは、ナゼだ?!)

フリースだけでなく、この季節、女子が心ときめくのは「あったか部屋着」。
ここんとこのムートンブーツの流行はもちろんですが、女子ってモコモコとかフアフアとか、大好物ですもの。

私が気になってるのは、ジェラート・ピケ。
パステルカラーのフアフア素材でできた、パーカーやショーツ、ソックスにルームシューズ。
部屋着を充実させるのは、女子の快適への自己満足感を高めてくれます。
これ、お風呂とかエステと同じ効果あるんじゃないかな。
確かに、見せるための部屋着として、カワイイの選ぶって目線も確かにある。
うん、それ誰か来るってことで。
ま、ソレが男子か女子かはさておき。

そのラブリーなモフモフ部屋着からのぞく足がカッサカサだったりすると、そんなの悲しすぎるので、これまたちょっといい香りの保湿クリーム(※商品にあわせてローションでも)なんかを、ぬりぬりするゆったり時間こそが、これからの季節の独身女子の至福のひとときだったりするのです。
ああ、我が愛しき秋の夜長。

つまり、お家で過ごす時間の充実はとても大切で、という話。
ひきこもりそうな自分への警鐘ではありません。
(ホントか?私。)

2009/11/04  ハッピーバースデー私(その2)

また、ひとつ誕生日を超えて、ある意味オトナの階段を上った私ですが(しつこい)、最近、急に髪の毛が傷んできたように思います。
なんというか、手触りがゴワついている気が。

結わえた跡がいつまでもとれないし、ちぢれ毛みたいにクチャクチャになったり。
うつぶせに寝た朝、頬についた枕カバーの跡が、いつまでも消えないアレと同じ感覚。。。

どうやら、コレ、夏のダメージをひきずっているみたい。
体が夏バテするように、肌が日焼けのダメージを残すように、髪のダメージを実感するのが、冷たい乾燥した空気を実感し始めるこの季節だそうなんです。

頭皮をマッサージするだけでも健康な髪の毛が生えてくると聞いて、毎日シャンプーの時に5分かけてしっかりマッサージしながら洗っています。
季節の変わり目は、体調も崩しやすい時期。
同じように今しっかりお手入れをすれば、ダメージを引きずらずに次の季節を迎えることができます。

今が、このタイミングこそが、がんばり時かも。。。
今こそ、頭皮だけでなく体も心もリフレッシュ出来るクリームスパで、スッキリとリラックスを企む私。

え?!
もう、誕生日プレゼントは、いただいてました?!

2009/11/02  ハッピーバースデー私

誕生日は、たとえ、たとえ、たとえ、いくつになってもメデタイもの。
先日、エステスタッフからスペシャルな誕生日プレゼントをもらいました。
それは、インディバフェイススペシャル
この頃、急にたるみが気になりだし、「ホウレイが~!ホウレイが~!」と日々嘆いていた私。
なんと素晴らしき美肌部活動なんでしょう。

実際にインディバをしてみると、きっ、きもちい~!!
あまりの心地よさに、うっとり夢うつつ...
って!寝てしまってはもったいない!の貧乏根性で、必死に頑張って起きていましたが、心は半分アナザーワールドへ・・・。
インディバフェイシャルの後は、超音波クレンジング
これだけでもすべすべでしたが、更にケミカルピーリングイオン導入も。
終わった後は「シンジラレナーイ!」(古!)くらい、ツヤツヤピカピカすべすべツルン。
そして、なによりも、小顔実感。ホウレイもめっきり上がっていました。
ありがとう、エステスタッフ!
ありがとう、誕生日!
ありがとう、歳くった私!

エスティシャンいわく、がっちがちに肩と顔が凝っていたそうで、コリと血流の悪さも気になっていた顔のたるみの原因だったとか。
目からウロコ!
たるみ=年 と、考えていましたがそれだけが原因じゃないことを知りました。

美しさは年齢とつながってるんじゃなくて、コリや血流の悪さとつながっているのね。
誕生日に、またひとつ賢くなった私なのでした(今日のワンコ風)。